いつから始めるのか?

子供が文字に興味を持ち、「書きたい!」という気持ちになるのは個人差はあるものの、おおむね4歳前後です。

どんどん覚えて、気が付いたら、筆順も形、鉛筆の持ち方もメチャクチャ‥‥ということがよくあります。

はじめに覚え込んでしまったものはなかなか直しづらく、特に鉛筆の持ち方は小学生から正しく矯正することは難しくなります。

覚えはじめの時期こそ正しく、文字のキホンを身につける最良の時なのです。

保護者の声

・えんぴつを持つ事が大好きだけど字が書けない。自宅で教えてみたものの集中はしないし、なかなかうまくいかず、そのうち書けるだろうと諦めていました。「ふでともかきかた教室」に通ってからは数回で文はまだ読めるまではいかないものの書けるひらがなが多くなりました。お手本などをマネして書くというコツを理解したのか、書ける喜びを知り、自分からまだ習っていない字やアルファベットまで書くようになりました。毎日のように「今日かきかた教室ある?」と聞いてくるほど楽しく通わせていただいています。(年中 女子 母)

 <お手本をすぐ横に置いて、よく見ながら書くように指導していくので、観察力・分析力がつくのですね。>

 

年中の娘はひらがなをあまり読めませんでした。でも、ふでともかきかた教室で習い始めてから、字に興味を持ち、少しずつ読めるひらがなが増えてきました。最近では書かれている字をまねしてお友達にお手紙を書いたりしています。字に興味を持つきっかけになったので通わせてよかったなと思っています。(年中 女子 母)

 <4歳という年齢はちょうど文字に興味を持ち始める年齢です。上手にサポートしてあげたいですね。>

 

・やはり、手や服が汚れないというのは嬉しい限りです。それと、今まではうまく書けないと、おこったりしていましたが、ふでともかきかた教室の入ってからは自信もついて来たのか、落ち着いてていねいに文字を書くようになりました。まだまだ字は上手ではありませんが・・・。(年長 女子 母)

 <落ち着き・集中力・ていねいさが育つのもお習字の良いところですね。>

 

・小学生の子供二人がお世話になっています。始めるきっかけは一年生の息子の字がどんどんと汚くなってきた事でした。一年生のころは、ひらがなとカタカナが中心でしたが、形があっていてもトメ・ハライ・ハネができていないと○がもらえません。毎日ノートを見て直していましたが、なかなか直らないので書道教室を勧めました。ちょうど下の子が年長に上がる時で字に興味があったので二人で体験させることに・・・。「字を書くだけなんてつまらない」といわれるかもと思っていましたが、初めて筆を使って楽しかった様ですぐに「ならいたい!」と言ってくれました。上の子は二年生に上がる時で、一年生の復習から始めてくださり、教科書の漢字を教えてもらえるので学校の予習にもなるようです。

 下の子も小学生になり、ひらがな・カタカナは習っていたので、授業でつまずく事もなく助かっています。二人とも学校で先生や友達に字をほめられるたびに習っててよかったとうれしそうにはなしてくれ、私もうれしく思います。(小1 女子・小3 男子 母)

 <小学校では字を書くことがますます多くなります。字を上手に書けることは子どもの自信につながります。>

 

・ぼくは、二年生の時に習字を始めました。はじめて筆をつかった、とても楽しかったです。学校で友だちや先生に字がきれいとほめられた時は、習っていてよかったと思いました。三年生になってけんていを受けられるようになったので、たくさんきゅうがとれるようにがんばりたいです。(小3 男子)

 <がんばろうという気持ちは何より大事。先生もうれしいです。>

 

・わたしは、ねんちょうさんからきょうしつにかよっています。ようちえんのときはみずしょどうだったけど、しょうがくせいになってすみでかけるようになってとてもたのしいです。これからもずっとつづけていきたいです。(小1 女子)

 <「継続は力なり」という言葉があります。続けることは大切ですね。>