幼児・小学生のお稽古


1.道具の準備とごあいさつ

お道具の準備

習字道具を準備します。自分できちんと並べることで、自立心や丁寧さが自然と養われていきます。

ごあいさつ

背筋を伸ばし、静かに気持ちを落ち着けて

先生:「かきかた教室を始めます」 幼児:「よろしくおねがいします」 大きな声で元気よく。挨拶や礼儀を大切にします。

2.水書道(墨)で毛筆書き

お手本の「字」を読む

先生が書く

目の前で、はねやはらいを見せるので、どんなふうに書いたらよいのかがよく分かります。

先生のお話をしっかり聞くことも大切です。子供たちの「聞く力」を育てます。

幼児が書く

お手本を観て、大きく一文字を書きます。このことにより「観察力」が育ちます。

お手本とくらべ、うまく書けたところ、うまくいかなかったところなど、自分で評するようになります。そして、どうすればよかったかを一緒に考え子供に示していきます。こうした体験を通しながら「観察力」「判断力」「自己解決能力」なども育まれていきます。 

小学生が書く

個々の進み具合を見て、墨と半紙に変えていきます。墨やお道具の扱いが更に丁寧になり、自信をもってお習字に取り込みことができます。上手にかけたお清書はお教室内に展示されます。

・低学年は「水書道」で汚れを気にせずに、自由に書いていきますが、個人のレベルに応じて墨汁と半紙に変えていきます。墨を使い、手や服を汚さない所作から丁寧さや集中力が育っていきます。 

道具の片づけ

自分のお道具を自分できちんと片付けます。そして鉛筆の用意をします。

3.鉛筆でプリントに書く

幼児は「ことばあつめ」を行い、自分で考えた言葉を書いていきます。進み具合に応じて、濁音・半濁音・拗音・促音・カタカナなども指導していきます。小学生のプリントは、学校教材に準じたカリキュラムで組まれています。

筆で学んだ字をすぐにえんぴつで練習することにより、普段の字に反映させていきます。鉛筆の持ち方や姿勢などのチェックをし、長く地道な指導をしていきます。

4.終わりのごあいさつ

ごあいさつ

出席カードに記入した後、背筋を伸ばし、気持ちを落ち着けて、深呼吸

先生:「かきかた教室を終ります」 幼児:「ありがとうございました」 締めくくりのご挨拶も大切です。

5.イベント

夏は、うちわ、冬はオリジナルカレンダー、年度末は色紙、筆文字作品を作っていきます。

年1回の級位認定では、それぞれ目標を持ち、上位を目指します。級位の発表は盛り上がりをみせ、「とび級」をするお子さんも多くいます。

 


幼児から筆を使って文字を習うことの重要性


写真をご覧ください。

・年中から学び始め、年長には字形が整った文字へと成長していった例です。

・文字をおぼえるだけでなく、正しく、美しく書くことができるようになります。

・間違った鉛筆の持ち方や筆順は、美しい文字は書くことはできません。間違って身についてしまったものを正すことを行います。

・「毛筆」では、集中力・落ち着き・ていねいさ・注意力・観察力・持続力が育ちます。

・あいさつを元気にすること、姿勢を正すことなど、礼儀や落ち着きある心を育てます。



2020年5月度より時間割を増やします。振替可能です。


・振替可能 少人数制 個人のレベルに合わせた指導

・入会金 4400円(税込・家族1/2割) 

・子供の入会には、お道具一式をプレゼント。水書き用半紙(3枚 792円税込)はご購入いただきます。

月謝 幼児・小学・中学/4950円(税込 含教材495円)

・イベント費330円、級位認定費1320円(税込)が実施月に加算されます。

 

・体験教室を随時受け付けております。30分程度、持ち物は不要です。お気軽にお問い合わせください。